理容室とシェービングサロンの違いはこれだ!

理容室とシェービングサロンのシェービングは、どうちがうの?

2014.8.20
  • LINEで送る

うる肌シェービング編集部のIです。お顔そりやシェービングのお店は、大きく分けて、理容室とシェービングサロンに分けられます。どちらにもメリットがありますが、それぞれの具体的な違いをざっくり解説します!

リーズナブルで気軽に行ける理容室。近所にあって便利!

まず、理容室の特徴について。若い女性が理容室でお顔そりをするというのは、一見違和感があるかもしれませんが、最近はお顔そりのメリットに魅力を感じる女性が増え、敷居が低くなってきました。

理容室でのシェービングは、お値段が比較的リーズナブルなのが特徴です。シェービングサロンのお顔そりメニューの相場が約6,000円~なのに対し、理容室では3,000円~となっています(東京都内)。また、シェービングサロンでは別料金の場合もある「眉カット」「襟足そり」「マッサージ」が含まれている理容室も多いです。施術は、椅子に座った状態で行います。

お客さんは女性客ばかりではなく、髪を切りに来た男性客もいます。エステサロンのような雰囲気づくりがされていないので、敷居が高くなく、気軽な気分で入ることができます。たとえるのであれば、家の近所の歯医者さんに行くような感覚でしょうか。一回の施術は30分ほどで、着替える必要もナシ。誰も会わないお休みの日にすっぴんで行ったり、お出かけ帰りに顔そりをして、すっぴんで帰宅する…という利用方法もアリです。

理容室の顔そり(バンビ)

Bambi(埼玉・南浦和)
シェービング専用個室がある理容室です。

【関連記事】
理容室での顔そりにハマる女子が増えている

シェービングサロンは女性だけの秘密の空間。女子力もアップ

一方シェービングサロンは、女性専用の空間。一歩お店に入ると、こだわりの内装によって演出された、非日常気分を味わうことができます。顔そりを受けている姿が他のお客さんから見られないよう、プライベート感を大切にした空間になっています。ネイルサロンやエステサロンの雰囲気に近いですね。

人目につかなく、お客様とスタッフが女性のみなので、「背中そり」「脇シェービング」「ウエストのシェービング」など、ちょっと頼みにくい箇所のシェービングもできるのが嬉しいポイント。もちろんスタッフは理容室と同様に、国家資格を持った理容師さんなので、技術的にも安心しておまかせできることです。施術は、リクライニングチェアや、ベッドで行います。

また、お顔そり以外のスキンケアメニューも充実。オプションとして、リフトアップやアンチエイジング、アロマなどさまざまな種類のマッサージを提供しているサロンが多いです。美顔器や肌別パックなど、エステさながらのコースがあるお店もあり、気持ちもお肌も女子力をあげるための環境が整っています。

レディースシェービングサロン ヴィアンジュ

シェービング&エステ ヴィアンジュ(東京・吉祥寺)
プライベート感たっぷり、ベッド1台のシェービング専門サロンです。

【関連記事】
デパートコスメよりもお得!シェービングサロンの顔そりエステを体験してみた

このように、理容室とシェービングサロンは雰囲気の違いが大きく見られます。気軽にふらっと立ち寄りたいなら、理容室に。女子力をあげるためにいろいろ試してみたいなら、シェービングサロンに。それぞれにメリットがあるので、目的に合ったお好みのお店を探してみてくださいね♪

  • LINEで送る