結婚式前のシェービング、やるなら「3~7日前」の理由とは

うる肌シェービング> うる肌コラム > ブライダル > 4人のプロに聞いた!ブライダルシェービングは何日前にすべき?

4人のプロに聞いた!ブライダルシェービングは何日前にすべき?

2014.11.14
  • LINEで送る

花嫁さんが挙式前に受けるブライダルシェービング。赤みや肌荒れのない、ベストな肌で挙式当日を迎えるためには、何日前に受ければいいのでしょうか?ブライダルシェービングのプロ4人にインタビュー!「エルミタージュ」の下島さん、「アイメロウ」のオーナー 植木さん、「シェービングマエストロイノウエ」の代表 井上さん、「フォレーゼ・ワイズ」の大貫さんにお話を聞きました。

 

「発言小町」で話題に!実際のところ何日前がベストなの?

読売オンラインの「発言小町」に寄せられた「ブライダルシェービングは何日前がいいですか?」という質問。その内容は下記のようなものでした。

  • 【質問】ブライダルシェービングは何日前がいいですか?
  • “3日前がいい”というのは調べたら分かったけれど、3日前に受けられないときは2日前と4日前と、どっちが良いんだろう…?間隔を空けると毛が生えてこないか心配。でも、直前にシェービングを受けたら、挙式当日、お肌が荒れてしまうのでは?(http://komachi.yomiuri.co.jp/t/2006/0404/084611.htm?o=0)

これに対し、寄せられたのは、じっさいにブライダルシェービングを受けた花嫁さんたちからの、リアルな実体験。

  • 【寄せられた回答】
  • ・5日前に受けてキレイな肌で当日を迎えられた。
  • ・2日前に受けたら当日も肌がヒリヒリした。
  • ・剃ったらブツブツができてしまった。
  • ・3日前に受けたらアトピー肌がさらに荒れて、当日もヒリヒリして大変だった。

挙式に向けて様々な準備をしてきたのに、仕上げのシェービングで失敗してしまったら、せっかくの結婚式も嫌な思い出になってしまうかも。それだけは絶対避けたいですよね!実際のところ、何日前にシェービングをして、何をどう気をつければ、肌荒れなどのハプニングを回避できるのでしょうか。

 

ブライダルシェービングの種類によって、受けるタイミングが違う

そもそもブライダルシェービングには、「本格シェービング」と、「ソフトシェービング」があります。シェービングの種類で受けるベストなタイミングが変わってきます。

  •  本格シェービング
  • ・理容師がカミソリを直接肌にあて、産毛と古い角質を除去する
  • ・肌への負担を考慮すると、挙式日よりも前もって行うべき
  • ・肌トーンや化粧のりがアップする
  • ソフトシェービング
  • ・市販の電動シェーバーで毛を刈る。エステティシャンでも施術可能
  • ・肌への負担は少ないので、挙式直前でも受けられる
  • ・肌トーンや化粧のりアップは期待できない

過去の記事ソフトシェービングってどんなことをするの?にもある通り、ソフトシェービングは、刃が直接肌に触れないカバーがついている「電動シェーバー」を使用します。その点、本格シェービングは刃がお肌に直接触れる形のシェービングです。ソフトシェービングよりも肌への負担が大きいので、ベストな肌状態になるまでに時間が掛かります。

ブライダルシェービングで昔から一般的なのは、「本格シェービング」のほう。本格シェービングは、毛が除去できるだけでなく、実際はそれ以上に化粧のりがアップしたり、古い角質が取れて美白感が増すなどスキンケア効果が期待できるようです。ただし、受けるタイミングには注意が必要。挙式当日をベストな肌で迎えるには、何日前に本格シェービングを受ければいいのでしょうか?

 

本格シェービングは”挙式3~7日前”がおすすめ!

一般的に、ブライダルシェービングで本格シェービングを受ける時期としては4人とも「挙式3~7日前がおすすめ」とのこと。

  • 【結論】
  • 一番おすすめなのは”3~7日前”(下島、植木、井上、大貫)
  • 【理由】
  • ・施術直後、人によって赤みなどが発生する場合がある。前日はNG。(井上)
    ・シェービング後2日は皮脂がたくさん出て、一時的に化粧のりが悪くなる。最低でもシェービングから2日は空けるのが理想。(下島)
    ・アトピーなどの肌悩みがある人は、5日前に。(下島)

エルミタージュの下島さんは、3日前の理由として「シェービングを受けた直後は産毛が無い分、皮脂の分泌がさかんになっています。3日くらい経つとほんの僅かに産毛が生えてきて、皮脂の分泌が落ち着き、化粧崩れの心配もない、化粧のり抜群の肌になります(下島)」とのこと。また、アトピーや乾燥などの肌悩みを抱えている人は、お肌の回復までに時間が掛かる場合があるので、5日前までにシェービングを済ませたほうがいいということです。

エルミタージュのブライダルシェービング

アトピーの人は、挙式5日以上前のブライダルシェービングが安心(エルミタージュ)

 

2日前vs7日前なら、7日前に受けよう

挙式前は、プランナーとの打ち合わせや仕事の都合などで、「この日しかシェービングの時間がとれない」という花嫁さんも多いもの。もし本格シェービングを2日前に受けるか、7日前に受けるか迷ったら、7日前に受けるのがおすすめです。

「当日までに毛が生えてきてしまうのではないか」と不安になる人も多いと思います。しかし「毛が生えるのには周期があるので、いきなり”ボッ”とは生えてきません。1週間前のシェービングでも大丈夫ですよ。(植木)」とのこと。

  • 産毛が生え変わる周期は約1~2ヶ月。1週間のうちにいきなり生えてくる心配はない。(植木)

【関連記事】
皮膚科医が答える、毛の伸びるはやさはどれくらい?

 

7日前に剃って毛が伸びてきたときは

それでも人によっては、1週間たつと口周りや眉毛周り、うなじの毛が気になってくるということもあるそうです。シェービングサロンでは、その場合の自宅での処理方法もきちんと教えてくれます。「自宅で剃る場合は、洗顔後いつものように保湿を行ったあとに、クリームを塗って、カミソリで優しく剃ってください。(大貫)」とのこと。

  • 挙式直前に自宅で毛を処理する方法(大貫)
  • 洗顔→化粧水→乳液→クリームを塗ってカミソリで優しく剃る→化粧水→乳液→クリーム
  •  ※入浴中は肌への負担が強いので避けること。

また、カミソリではなく、電動シェーバーで気になる部分を剃るのも良いでしょう。不安な人は、ブライダルシェービングを受けるときにサロンに相談するのが良いでしょう。

 

 

 

「直前はお断り」というサロンも。肌トラブルは回復までに3日は掛かる

挙式当日、肌が赤くなり荒れている、などのリスクを回避するために、挙式の前日や2日前の本格シェービングをお断りしているサロンもあります。フォレーゼ・ワイズもそのサロンの一つ。「挙式3日前までは本格シェービング、2日前はソフトシェービングで対応しています。前日は剃らないほうがリスクが少ないため、お断りしています。(大貫)」 

  • 直前のシェービングを断っている理由(井上)
  • ・ひどい肌トラブルが起こった場合、お医者さんに行っても、回復までに最低でも3日は掛かる。
    ・現代の女性は、睡眠不足・ストレスを抱えがち。肌トラブルが出やすい。
  •  →挙式前日、前々日の本格シェービングは、リスクが大きい。

また、シェービングマエストロイノウエでは、挙式前々日・前日のシェービングは行っていないそう。その理由としては、「もしシェービング後に肌トラブルが出てしまった場合、医師から処方された塗り薬などで対処したとしても、治るまでに3日は掛かる」と、井上さん。

さらに、時代の変化・花嫁さんのライフスタイルの変化によって、以前よりもシェービングなどでトラブルが起こりやすくなっているんだとか。「今から10年前くらいには、ほとんどの花嫁さんが寿退社していました。しかし今では、仕事を続けている方や、同棲している方、妊娠している方も少なくありません。睡眠不足やストレスでホルモンバランスが乱れて、お肌の状態が不安定になりがちです(井上)」とのこと。

 

「直前OK」のサロンは剃り方を工夫して対応

しかし、さまざまな工夫をして、直前でもシェービングを受け付けているサロンも。
アイメロウでは、忙しい花嫁さんもブライダルシェービングを受けられるように、挙式までの残り日数に合わせて挙式前日、3日~4日前、1週間、それ以上と、それぞれのシェービングの際の刃のあて方を変えているようです。「挙式まで1週間以上の人には効果が長持ちするように皮膚を引っ張って、毛を立たせて根本から剃ります、前日に受ける人には肌へかかる圧力を分散させ、肌表面を整える方法で剃っています(植木)」 とのこと。

  • 【直前でもシェービングをしてくれる理由】
  • ・肌への負担を軽減するなど、毛の剃り方を工夫している。(植木)
  • ・直前は剃らないが、2日前の花嫁さんはソフトシェービングで対応(大貫)

また、フォレーゼ・ワイズは挙式2日前の花嫁さんにはソフトシェービングを行っています。「挙式前々日で『どうしても剃ってほしい』という花嫁さんにソフトシェービングを行っています。仕上がりは、本格シェービングを受けてから3~4日後と同じような毛の生え具合になります(大貫)」とのこと。

 

挙式2日前や前日しかシェービングの時間がとれない花嫁さんは、ソフトシェービングを受けるか、シェービングを省略するのが一番リスクが少ないです。どうしても本格シェービングを受けたい場合は、必ずサロンに電話で問い合わせましょう。

 

1987年に理容師免許を取得。家業の理容室や都内理容室でシェイビストとして経験を積み、2005年に東京・自由が丘に女性のためシェービングサロン「本格シェービング&アロマエステ専門店 aimellow (アイメロウ)」をオープン。

 

1987年に理容師免許を取得。その後さまざまな店舗で理容師としての経験を積み、1997年から茨城県のシェービングサロン「Foreze y’s(フォレーゼ・ワイズ)」にて、女性向けのシェービング・ブライダルシェービングを始める。ブライダルシェービングにおいては剃刀と電気シェーバーのどちらも使用。きめこまやかな対応と、イオンの泡の力で肌を美しくする「ムースエステ」が口コミを呼び、人気を集めている。

 

1998年に理容師免許を取得。以来、シェイビストとして女性のシェービングに携わっている。2013年に銀座で「レディースシェービング エルミタージュ」をオープン。ブライダルシェービングでは肌トラブルを未然に防ぐため、カウンセリングを徹底して行っている。

 

創業70年以上の理髪店「(株)井上理髪店」の二代目。「シェービングマエストロ INOUE」を経営。都内に3店舗を構え、大手結婚式場と提携している。1993年以降行っているブライダルシェービングでは、「挙式当日の花嫁さんのお肌のコンディション」を一番に考え、正確な肌診断でトラブルを防ぐなど、リスク管理も徹底。結婚式場、ブライダルプランナーからの信頼を集め、利用者を増やしている。

 

 

  • LINEで送る