顔のうぶ毛脱毛器を購入してみた

  • うる肌シェービングTOP
  • シェービングサロンを探す
  • メニュー
うる肌シェービングTOP> うる肌コラム > お顔そり > <家で顔の産毛脱毛>ブラウンの顔用脱毛器が発売中!

<家で顔の産毛脱毛>ブラウンの顔用脱毛器が発売中!

2015.7.22
  • LINEで送る

女子大生ライターのあやかです。今春、男性用フェイスシェーバーで有名なBRAUNから、世界初のフェイス専用家庭用脱毛器が発売されました。早速、ビックカメラで買ってきたので、紹介します。

BRAUNのフェイス専用家庭用脱毛器を購入。ビックカメラ.comでお得にゲット

「顔の産毛を処理すると、肌がワントーン明るくなる!」とは言っても、脱毛サロンに通うのは、時間もお金もかかって、少し面倒ですよね。そこで、フェイス専用の家庭用脱毛器、「ブラウン フェイス」(2015/3/6発売)を買ってみました。家庭用脱毛器は様々なメーカーから出ていますが、フェイス専用の物は世界初だそうです。また、脱毛器のヘッド部分を付属のブラシと交換することで、クレンジングブラシとしても使えます。

ビックカメラ.comでは、割引価格から、さらに10%分のポイントも付くので、とってもお得に買えました。

braun.open

フェイス専用脱毛器「ブラウン フェイス」SE830 (ビック特価6,580円(税抜))

braun.open

裏面

今回購入したのはポーチとライト付きミラーがついてくるセットです。単品での販売もありますが、約200円しか値段が変わらないし、細かい付属品がたくさんあるので、まとめて収納出来るセットで買うのがオススメです。

BRAUNのフェイス専用家庭用脱毛器を購入。ビックカメラ.comでお得にゲット

ミニ鏡のライトは明るさが強いかも…。ポーチは容量に満足

今回はセットで購入したので、鏡とポーチが付いてきました。

braun.open

鏡は見やすい拡大鏡になっています。電気をつけられるので細かい作業がしやすそうですが、明るすぎて疲れてしまいそう。

braun.open

ポーチの中にはポケット等はついておらず、あくまで商品の収納が目的。見た目よりも収容量が大きいようで、付属品全部スッポリ収まりました。

braun.open

braun.open

全て入れた様子

braun.open

蓋を閉めた様子。パンパンにならず、余裕を持って収納出来た。

 

2役こなす優れもの!ヘッド部分を付け替えて、ディープクレンジングにも使える

本体を取り出してみます。中には、脱毛ヘッドと、左からキャップ、ヘッド部分に取り付けるクレンジングブラシ、脱毛ヘッド掃除用ブラシが入っていました。白で統一したカラーに清潔感を感じます。本体は手で持ちやすい、電動歯ブラシのようなサイズ感でした。

braun.open

braun.open

脱毛ヘッド

キャップは回さず、被せるようにはめるタイプです。

braun.open

キャップをつけた様子

初め、ヘッド部分の取り外し方が分からずウロウロしましたが、少し力を入れて横に引っ張ると簡単に抜けました。クレンジングブラシをはめる時も、回さず、そのままはめることが出来ます。外す時も付ける時も、カチッという音や感覚があったほうが、不安感もなく良いのになと思いました。

braun.open

braun.open

クレンジングブラシを取り付けた後

 

電動歯ブラシのような使用音。外出先では使いにくいかも

脱毛は、この先端部分を脱毛箇所に当てて行います。少し分かりにくいですが、先端には開口部分が10個あり、それが0.02mmの産毛までキャッチ。そして、毎秒200回という驚きのスピードで毛抜き動作を行うそうです。

braun.open20

braun.open

電源スイッチ

スイッチを右か左に倒すと、ヘッド部分の回転が始まります。この時、電動歯ブラシのような使用音がするので、学校や公衆トイレでコッソリ使うのは厳しいかも。自宅で使う分には、そこまで気にならないと思います。

braun.open

スイッチOFFの状態

braun.open

スイッチONの状態

使用後は付属の掃除用ブラシを使い、細かい毛を落としていきます。掃除用ブラシは薄く、小さいので、なくさないよう注意が必要です。

braun.open11

クレンジングブラシは、別売りのパッケージを利用して、自分好みにカスタマイズできる

ディープクレンジングは、ヘッド部分をブラシに変えて使います。毛は見た目よりも柔らかいので、肌への刺激は少ないそう。また、完全防水性なので、お風呂でも使えます。

braun.open

ブラシ詳細

braun.open

ブラシ横から

ブラシ部分は、後ろのボタンを押すと、簡単に外すことが出来ます。ブラシの状態や衛生上、3ヶ月に一度交換するのが望ましいようです。

braun.open

braun.open

替えブラシは、初めについていた通常のブラシの他にも、敏感肌用(2,280円(税抜))、角質ケア用(2080円(税抜))、ファンデーション等に使えるスポンジ状(2080円(税抜))の3種類が販売されています。シリーズ商品を活用して、自分好みにカスタマイズ出来るところは魅力的です。

 本体は電池式…。充電式でないことがネック

本体は充電式ではなく、単3電池が一個必要です。特にクレンジングブラシは毎日使うことになるので、充電式じゃないのは面倒に感じます…。電池の交換は持ち手の一番下にある蓋を開けて行いますが、付属の掃除用ブラシを使っても開けられました。

braun.open

braun.open

購入を考えている方は、是非参考にしてみてください。

  • LINEで送る
上へもどる

迷ったらココ!人気のシェービングサロン>>

迷ったらココ!人気のシェービングサロン