除毛パッドの口コミ

  • うる肌シェービングTOP
  • シェービングサロンを探す
  • メニュー
うる肌シェービングTOP> うる肌コラム > お顔そり > こするだけで毛が取れる!?除毛パッドを使ってみたら、カミソリよりも産毛がとれた件について

こするだけで毛が取れる!?除毛パッドを使ってみたら、カミソリよりも産毛がとれた件について

2015.1.23

女子大生ライターのみずほです。ムダ毛処理にはいろいろな方法がありますが、前から気になっていたのが除毛パッド。今回初めて、試してみました!実際の使い心地をレポートします!

以前から気になっていた「除毛パッド」をドラッグストアで1,280円で購入

以前から気になっていた「除毛パッド」をドラッグストアで1,280円で購入
普段はカミソリでムダ毛処理をしている私ですが、「除毛パッド」が以前から気になっていたので、使い心地はいかがなものか、実際に試してみました。

「除毛パッド」で検索すると一番最初に目がつくのが「smooth away」というミュー株式会社のもの。実際にドラッグストアで見かけたものも、ほとんどがこのミュー株式会社の関連商品で、1,000~2,000円ほどでした。

そこで今回私はこの「smooth away」という除毛パッドのうち「SMOOTH BEAUTY」シリーズ 腕・足用(税抜 1,280円)を買ってみました!同じシリーズで、指・顔用の小さいサイズのものもあります。女性向けのコスメが充実しているドラッグストアで購入出来ました。お店によっては置いていないこともあるようです。

  • お手軽さが人気の除毛パッドはドラッグストアで購入できる。価格は1,000~2,000円ほど。

月々6,300円バナー

パッドにヤスリみたいなシールを貼り付けて、肌をくるくると擦って使う

「スムースビューティー」の説明書に書いてあった使い方です。ご自分で使う時は付属の説明書を必ず参考にしてくださいね。

除毛パッドの使い方
1. パッドに同封の特殊シールを貼り付けます。
2.小さな円を右回りに10回、左回りに10回と交互に描くようになでましょう。これを4~5回繰り返して下さい。※大きな円だと、毛が残ってしまいやすいので、こまかく肌をなでるように擦るのがコツです。
3. 乾いた肌にパッドをあて、くるくると円を描くように優しく擦ります。
4. カミソリと同様に、除毛後は乾燥しやすいので乳液や保湿クリームなどで必ず保湿しましょう。

パッドに貼り付けるシールは『微粒研磨紙マイクロクリスタル』というもの。ミュー株式会社によると、毛先を丸く削る点がカミソリとの大きな違いらしいです。一枚のシールで5~7回ほど使えて、パッド一つに対して4枚シールが同封されています。
パッドにヤスリみたいなシールを貼り付けて、肌をくるくると擦って使う

使ってみると…痛くないけど肌が削れるような不思議な感覚!二の腕の長い毛はきれいに処理できた

まずは二の腕から試してみました。自分の身体をやすりで削っていくような不思議な感覚です。痛みはほとんどありませんでしたが、乾燥した肌とパッドを擦り合わせるので、摩擦で肌が傷ついてしまわないか少し不安になりました。肌を擦るごとに毛がポロポロ取れていくようなイメージを抱いていましたが、実際は毛が取れていくような感覚はあまりなく、地道に少しずつ削っていくような印象でした。「本当に剃れているの?」と思って、処理後の肌を触ってみたらすべすべの肌触りにびっくり。二の腕あたりの長めで細い産毛はきれいに処理できました。

  • 二の腕にくるくるすると、「ほんとに剃れてる?」と思うほど、痛みもないのにすべすべになった!

ひじ下の短い毛は何度も根気良く擦れば処理できる

ひじ下の短い毛は何度も根気良く擦れば処理できる
一方、手の先の方の短い毛はなかなかキレイにできず何度もくるくると擦ってやっと処理が完了しました。思ったよりも時間がかかり根気がいる作業です(笑)。カミソリと同様に、5分ほどで手早く処理できるかと思いきや、完全処理には10~15分ほどかかりました。ちなみに説明書にはワキにも使えると書いてあったので試してみましたが、カーブしているワキに合わせて円を描くのはかなり難しく、諦めてしまいました。

 

  • ひじ下の短いムダ毛はかなり擦らないと取れない。密集して太い毛が生えているワキには使えない。

円を描いて少しずつ擦るから、面積の広い脚の毛を処理するのはかなり大変!

円を描いて少しずつ擦るから、面積の広い脚の毛を処理するのはかなり大変!
続いて脚も剃ってみました。腕よりも面積が大きいので、かなり時間がかかりました。脚全体を完全に処理するには20分ほどかかりました。カミソリのような直線ではなく、円で少しずつずらして削っていくのでまんべんなく処理するのが大変です。

足も根気よく撫でていくと、少しずつ毛が減っていきます。太ももの産毛はキレイになりましたが、膝より下の毛は太いためか残ってしまった毛が目立つのが気になりました。残った毛の上を何度が撫でましたがなかなか剃れず、かといって力を入れて強く擦ると痛いです。結局カミソリを使って剃ることになってしまいました。また何度もこすっていくうちに粉がふいてしまったので、しっかり保湿をしました。

  • 太ももの細い毛はしっかりキャッチするけど、スネの毛は太いので取りきれない。
  • あんまり擦ると粉を吹くので、ひざ下はカミソリで剃ったほうが早いかも。

角質も同時除去できる!除毛パッドの一番のメリットは肌触りの良さ。

使ってみた実感として、処理後のすべすべの肌触りにはとても満足でした。『微粒研磨紙マイクロクリスタル』シートが、毛先を丸く削るのに加えて、くるくる擦るうちに毛と一緒に角質も除去できるらしいです。カミソリで処理後にありがちなチクチク感がないのが嬉しかったです。

カミソリに比べて、安全だけど処理時間がかかる除毛パッド

「簡単!安心!安全!」が特徴だとされているらしい除毛パッド。実際に使ってみた印象は、確かに安全だけれど意外と手間がかかる、という感じです。いつも使っているカミソリに比べてお風呂でシェービングクリームを塗る必要もないですし、誤って肌に切り傷を作ってしまう心配もありません。ただキレイに剃るにはかなり時間がかかるので、むしろカミソリのほうがパパッと短時間で簡単に処理できるのでは?と感じました。

また使ってみると粉を吹いてしまったり赤くなったりしたので「肌にやさしい」というのは本当なのか疑問に思いました。実際には保護クリームや水を使わず乾燥したまま肌をこすることによる摩擦が肌には負担になるらしく、強く擦ると肌の表面を傷つけてしまうこともあるようです。顔用のパッドもあるようですが、顔を何度もこすると肌を傷つけそうなのでこわいな、と思いました。

キレイに処理したければ時間がかかることを覚悟して。パッドの摩擦は肌にとって負担なので要注意!

細い産毛は除毛パッド、太い毛にはカミソリ の使い分けがベスト!

実際に使用してみて、個人的には全体的な使い心地はカミソリの方が良いように感じました。二の腕やふともものような細い産毛は、優しく撫でるだけでじゅうぶんつるつるになるのでカミソリよりも便利です。

しかし脚のすねなど毛が濃いところや残った毛が目立ってしまう部位は、カミソリのほうが簡単・確実に剃れます。持続性については、処理後すぐはつるつるのお肌ですが2日ほどで毛がツンツンと出てきました。カミソリのほうが深く毛を剃れるので、若干ですがカミソリのほうが持続性が長いようです。

全体的に考えると、確実にキレイに剃れることと持続性から、手慣れているカミソリの方が除毛パッドより使いやすいように感じました。腕やふとももなど毛の薄い部位にはパッド、わきや脚などしっかり剃りたい部位にはカミソリ、と使い分けるのが最適だと思います。

シャワーを浴びている時間がなくてパパっと気になる部分だけ処理したい時などにも除毛パッドは便利かもしれません。毛の生え方やお肌の性質によって個人差はありますが、気になる方は一度試してみる価値はありますよ!

  • 二の腕・太ももなど、産毛がもっさり生える部位にはぴったり。そのほかはカミソリで剃るなど使い分けよう。

本気で脱毛するならやっぱり医療脱毛!値段もエステと変わらない

私も、うなじや背中のムダ毛となると、自分で剃るのも厳しいので、夏はシェービングサロンに駆け込みます。

ただ、やっぱり永久脱毛を考えるなら、医療脱毛をやりたいです。値段もエステとかわらず、全身をしっかり脱毛してしまえば、ムダ毛の煩わしさからも解放されますし、本気で考えてみたいです!月々6,300円バナー

上へもどる

迷ったらココ!人気のシェービングサロン>>

迷ったらココ!人気のシェービングサロン