脚のぶつぶつ毛穴を改善するセルフケア方法

  • うる肌シェービングTOP
  • シェービングサロンを探す
  • メニュー
うる肌シェービングTOP> うる肌コラム > シェービング初心者 > 脚のぶつぶつ・ザラザラ毛穴を改善するムダ毛処理方法

脚のぶつぶつ・ザラザラ毛穴を改善するムダ毛処理方法

2014.9.30
  • LINEで送る

ひざ下や太もものムダ毛は、放置しておくとチクチク足の原因となり不快ですよね。多くの女性は、足のムダ毛を剃刀などで自己処理しています。しかし、毎日のように足のムダ毛を処理していて、気付けば足の毛穴が目立っていた、なんていうことはありませんか?足のぶつぶつ毛穴を改善して、すべすべの足を目指しましょう。

脚のぶつぶつ・ザラザラ毛穴を改善するセルフケア方法

 

毛抜きの処理は今すぐストップ!

まず、足の毛を毛抜きで抜いていませんか?足のムダ毛を抜くとチクッとした痛みを覚えますが、これは毛の根元にある「毛乳頭」を傷つけている痛みです。毛乳頭が傷つけられると、抜かれた毛の元にある細胞が分裂してしまい、1つの毛穴から2つ、3つの毛が生えてくるようになってしまうことがあります。また、無理に毛を抜くと、毛穴が膿んだり炎症を起こしたりしてしまいます。この傷が治ると同時に毛穴がふさがって出来てしまうのが埋没毛で、足の毛穴の黒ずみの大きな原因となります。毛抜きでの処理はぶつぶつ毛穴の原因。すぐにやめましょう。

【関連記事】

同じ毛穴から毛が2本!!どういう事!?コワーい毛抜きでのムダ毛処理>>

 

カミソリを使うなら、肌に負担をかけない正しい処理方法で

自己処理をするなら、剃刀を利用するのがおすすめ。しかし、誤った使用方法をしてしまうと、肌に負担をかけ、毛穴が目立つ原因となります。まず、ボディソープや石鹸などを利用して足の毛を剃るのはNG。余計な角質まで削ぎ落としてしまうため、肌を傷つけてしまうことに。また、足の毛流れと逆に毛を剃ってしまうと、毛穴の広がりや毛の断面が太く見える原因にもなります。さらに、剃刀の刃をしばらく交換していないと、剃刀の刃の凸凹が足を傷つけてしまい、これも毛穴の目立ちの原因となります。1ヶ月に1、2回は刃を交換するようにしましょう。したがって剃刀を利用する時は、「石鹸やボディソープではなく、シェービングクリームなどを利用する」「足の毛流れに沿って剃る」「剃刀の刃は定期的に交換する」この3つををきちんと守って利用すべきです。

 顔と同じようにしっかり保湿!

ムダ毛処理を終えた後、大切なのがアフターケア。お顔と同じように足も、化粧水などで水分を補給してから、乳液やクリームなどで水分が逃げないように蓋をしましょう。剃刀の利用は毛を剃ると同時に、お肌の表面の角質も除去してしまうため、本来の保湿効果が失われてしまい、乾燥による毛穴目立ちの原因となってしまいます。お顔と同じように、丁寧にアフターケアをしてあげることで、徐々に足のぶつぶつ毛穴が改善されていきます。

 

誤った脚の毛の自己処理をしていませんでしたか?今日から正しい自己処理を身に着けて、すべすべの足を目指しましょう!

  • LINEで送る
上へもどる

迷ったらココ!人気のシェービングサロン>>

迷ったらココ!人気のシェービングサロン