はみ出た毛の処理方法

  • うる肌シェービングTOP
  • シェービングサロンを探す
  • メニュー
うる肌シェービングTOP> うる肌コラム > > 眉毛を抜く前に知っておきたい!眉毛の正しい処理方法とリスク

眉毛を抜く前に知っておきたい!眉毛の正しい処理方法とリスク

2014.7.24
  • LINEで送る

眉毛のお手入れは、抜く、剃る、切る、様々ですが、皆さんはどのようにしていますか?抜いている方は注意が必要!目元のたるみの原因になったり、眉毛が生えてこないなんて事態を引き起こすかもしれません!

眉毛を抜く派は多数!

眉毛のお手入れに関して、教えて!goo ではこんな声が。

  • 「学校でよく眉の話題になります。みんな毛抜きで抜いているというし、いろんなホームページを見てても抜いてる方が9割ほどいます。」
  • 「私の元彼も毎日まゆげ抜いてましたよ。けっこう眉毛の濃い人でした。」
  • 「眉毛のお手入れで、抜いている人は多いようです。」
  • 「私はそんなに濃いほうではないので、気づいたときにカット&毛抜きで抜いています。」
  • 「私、昔ボサボサ眉毛で、太く、量も多く、1本が太く、1本が長かったんです。それが気に入らなくて、なんも考えずに切って抜いて・・・としてしまってました。」
  • (http://oshiete.goo.ne.jp/qa/621228.html)

どうやらピンセットで眉毛を抜いている人は多くいるようです。

眉からはみ出た毛は、抜くべき?剃るべき?

毛抜きは、剃る・切るよりも長持ち!

眉毛のお手入れ方法は、毛抜きで抜く以外にも、眉用カミソリや電動シェーバーで剃る、ハサミでカットするなどがありますよね。毛抜きで抜いて処理する方法のメリットは、持ちがいいことです。処理したあと、次に毛が生えてくるまでの期間がしばらくあるので、お手入れする回数げ減り、形を持続することができます。また、毛を根元から取り除けるので、カミソリやシェーバーなどに比べて見た目がきれいに仕上がります。

でも、眉毛を抜くと、まぶたがたるむ可能性あり!

持ちの良さと見た目の良さというメリットがある一方で、眉毛を抜くことのデメリットが2つあります。まず1つ目は、「目元のたるみ」です。毛を抜く度に引っ張られる目の周りのお肌には、大きな負担が掛かります。

教えて!goo ではこんな声も。

  • 「眉毛は抜いたら駄目ですよ!!!痛いから・・とかではなくて抜くと痛いのは毛穴が締まってる証拠です。抜いてる内に痛くなくなるのは毛穴が広がってる証拠ですよ!私はエステに通ってるのですがエステティシャンの方も同じ事を仰ってましたし、その内、年とともに抜き続けてるとその抜いてる付近の皮膚がタルんでくるって。」
  • 「眉毛を抜くと、たるむのは本当みたいです。私の周囲にはいませんが、昔テレビでやっていたと思います。はっきりしなくて申し訳ないのですが。筋肉がどうの、というのはわかりませんが、肌に負担をかけていることには間違いないですからね。まぶたは、女性ならアイシャドウを毎日しているだけでもたるむことがあります。」
  • (http://oshiete.goo.ne.jp/qa/4165932.html)

抜きすぎて、眉毛が生えてこなくなった人も…

続いて、眉毛を抜くことのデメリットの2つ目は、眉毛が生えてこなくなることです。

教えてgoo!にも眉毛を抜きすぎて生えてこなくなってしまった人の声が

  • 「眉毛が濃すぎたのがコンプレックスで、必死で抜いていたら眉毛がほとんどはえなくなってしまいました。」
  • 「若い頃に細い眉毛が流行ったので抜きまくっていました。そしてもう生えてこなくなり、ずっと麻呂状態」
  • (http://oshiete.goo.ne.jp/qa/1520538.html?from=recommend)

抜きすぎるとどうして眉毛が生えてこなくなるの?

ブサイク肌は毛抜きが原因!?毛抜きがお肌に与えるダメージにもあるように、毛を抜くと、毛穴の中の皮膚をちぎって傷つけてしまいます。

抜きすぎるとどうして眉毛が生えてこなくなるの?

毛の根元には「毛乳頭」と呼ばれる毛を生み出す工場があります。この毛乳頭を取り囲む細胞のうちの一つ「毛母細胞」で毛が作られ上に押し上げられることによって毛が育つのです。

抜きすぎるとどうして眉毛が生えてこなくなるの?

眉毛を抜き続けると、毛乳頭が傷つき、毛を生み出すことができなくなってしまうため、一生生えてこなくなってしまうことも…生えてこなくなってからでは手遅れです!眉毛を抜くときは本当にいらない毛なのか注意しましょう!

 

カミソリ・電動シェーバーなら、いつでも眉の形を変えられる

眉毛を、眉カミソリや電動シェーバーで剃ると、根元から剃ることは難しいですが、毛根の負担を抑えられます。毛根へのダメージが少ない分、すぐに毛が生えてきてしまいますが、気分や流行に合わせて、太眉や細眉など自在に眉の形を変えることができます。眉の形は太い眉や細い眉など、毎年その流行は変わります。一生眉のオシャレを楽しむのなら、毛根にダメージを与えないよう、剃る方法をオススメします。

ただし、カミソリは角質も一緒に剃れるため、あまり頻繁にやりすぎると、眉まわりの皮膚が硬くなったり、毛穴が開きやすくなるということも。カミソリは、週1回程度にとどめましょう。

 

部位によって、剃ると抜くを使い分けるのがベター

眉毛を剃るのか、抜くのかの判断は、もう要らない毛なのかどうか。まぶたや眉間に生えている毛など、眉毛の形に影響しないような毛は、毛抜で処理をしてもよいでしょう。のちに生えてこなくなると困る部分の毛のみ、はさみや電動シェーバーでカットするか、カミソリで剃ることをおすすめします!

リスクの少ない眉毛の抜き方

  1. 眉毛を抜くときはすっぴんの状態で。メイクをしたままお手入れをすると、毛を抜いた後の広がった毛穴に雑菌が入ってしまいます。必ず洗顔後の清潔な状態でお手入れしましょう。
  2. 温めてから抜く。毛穴にかかる負担を最小限に抑えるためには、眉毛の周りの皮膚を柔らかくし、毛穴を広げる必要があります。入浴後や蒸しタオルで目元を温めてからお手入れすることをおすすめします。
  3. 皮膚を抑えて抜く。皮膚が引っ張られてたるむのを防ぐために、抜きたい毛の周囲の皮膚を抑えましょう。
  4. アフターケアをしっかりとする。毛を抜いた後は毛穴が乾燥しやすくなります。目元用のクリームでしっかりと保湿しましょう。

 

迷ったらプロの手を借りよう!サロンの眉シェービングは美眉が長持ち!

眉毛を抜くかどうか迷ったら抜かないで!抜いて生えてこなくなると取り返しがつきません。抜く前にサロンに行って、眉の形を相談することをおススメします!シェービングサロンでは、お顔そりだけでなく、自分がなりたい眉を作ってもらったり、自分に似合う眉を提案してもらえます。さらに、毛の根元からしっかり剃ってくれるので、カミソリでの自己処理よりもきれいな状態が長く続きます。

迷ったらプロの手を借りよう!サロンの眉シェービングは美眉が長持ち!

  • LINEで送る
上へもどる

迷ったらココ!人気のシェービングサロン>>

迷ったらココ!人気のシェービングサロン