炎症の原因に!?夏のイベント直前のシェービングは要注意!

うる肌シェービング> うる肌シェービング > シェービング初心者 > 炎症の原因に!?夏のイベント直前のシェービングは要注意!

炎症の原因に!?夏のイベント直前のシェービングは要注意!

2014.8.27
  • LINEで送る

海にプール、BBQなど、盛り上がるイベントが盛りだくさんな夏。「イベントに向けてムダ毛処理を完璧にしたい!」という女子は多いと思いますが、シェービング直後のお肌は日焼けしやすい状態。アウトドアのイベントの前日にお顔そりを受けるのは避けましょう。timing

シェービング直後のお肌は「素肌むき出し」の赤ちゃん肌

水着や浴衣を着る女子をよりいっそう美しく見せてくれるシェービング。シェービングはカミソリの刃をお肌の表面を滑らせて、産毛やムダ毛と一緒に、古くなった角質を取り除いています。なのでお肌のごわつきや、ざらつき、くすみまで取れたつるつるの透明感のある肌に仕上がるんですね。しかし、シェービング直後のお肌は、今まで産毛や古い角質など、肌を囲っていた壁がなくなって、本来の素肌がむき出しになった状態。乳液や化粧水などでしっかりとお肌を潤いのバリアで覆って、お肌をいたわってあげる必要があります。

バリアがないお肌は日焼けしやすい

シェービング直後のお肌は、紫外線の影響も、普段よりも受けやすくなっています。海などに行って存分に日焼けした肌が、ガサついたり、つっぱったりしたことはありませんか?それは紫外線が、膚細胞にダメージを与え、潤い成分を作り出す働きを下させるのが原因。ただでさえ敏感になって、潤いのバリアが必要なシェービング直後のお肌は、日焼けによって砂漠のようにカサカサになってしまうかも。日焼けが予想される海やプール、野外フェスや外でのデートの直前には、シェービングは控えたほうが良さそう。

日焼けで肌が「赤くなる」タイプの人は、より影響が

また、日焼けによってお肌が赤くなってしまうタイプの人はさらに注意が必要です。日焼けの後に、お肌が真っ赤になり、ヒリヒリ痛くなるのは、実はお肌が「ヤケド」を起こしているから。このタイプの人はもともとメラニンが少ないため、紫外線を防御する能力が低く、紫外線の影響を受けやすい人。シェービング後の敏感になっている肌のまま紫外線を浴びてしまうと、赤みや痛みなどの炎症がより大きく出てしまう可能性があります。無防備に日焼けをし続けると、「光老化」によりシミやシワができたり、さらには皮膚がんのリスクも上がると言われているのでしっかりと対策をしたいものです。

日焼けしそうな日の前日のシェービングは避けて!理想は5日前

とはいっても、シェービングをして5日~1週間ほど経てばお肌は正常な状態に。シェービング後のお肌は産毛や古い角質もない状態なので、日焼け止めもしっかりとお肌に密着し、効果を発揮してくれます。また、シェービングを定期的に行うと、お肌のターンオーバーが促進され、日焼けによるシミの生成も防いでくれるなどの、嬉しいメリットがたくさん。だからこそ、日焼けが要素されるイベントに向けてシェービングするときは、最低5日ほどの期間をおいて、最適な時期にシェービングをうまく取り入れてくださいね。

  • LINEで送る

迷ったらココ!人気のシェービングサロン>>

迷ったらココ!人気のシェービングサロン