生理前のお肌を荒れさせないためのスキンケア方法

  • うる肌シェービングTOP
  • シェービングサロンを探す
  • メニュー
うる肌シェービングTOP> うる肌コラム > お顔そり > 生理前にできるニキビ・肌あれはどう治すべき?

生理前にできるニキビ・肌あれはどう治すべき?

皆さんは生理と上手に付き合えていますか?生理に対してイヤなイメージを持っている人は非常に多いはず。特に生理前は、お肌がくすんだりニキビができたりとお肌の調子も悪くなり、気持ちがブルーになってしまうもの。生理前の肌荒れを防ぐためにはどうしたらいいのでしょうか。

生理前にできるニキビ・肌あれはどう治すべき?

生理前のニキビは、ホルモンバランスが原因

女性の体に大きく影響しているのは女性ホルモンです。そのうち、生理前に分泌される「黄体ホルモン(プロゲステロン)」は体の基礎体温を上げると同時に、皮脂を増やし、ニキビやシワ、肩凝りやストレスなどを引き起こします。普段の生活が不規則であったり、ストレスが強かったりすると、より多くの黄体ホルモンの影響が現れてしまいます。その結果、PMSと呼ばれる月経前の体の不快感や肌の不調、精神不安定を引き起こしてしまうのです。

バリア機能が弱っているので、いつもよりもやさしいスキンケアを

生理前は、皮脂の分泌が増えます。そのためいつもよりも肌が脂っぽくなったり、ニキビが増えてしまうのです。しかし、それと同時に生理前の肌はバリア機能が落ち、敏感な状態になっています。肌が脂っぽいからといってごしごしと洗顔をしてしまうと、肌トラブルの原因となってしまうのです。

生理前のスキンケアで大切なことは、とにかくお肌を優しく扱うことです。洗顔はこすらないように丁寧に行い、ピーリングやシェービングなど肌に負担をかける行動はこの時期は避けましょう。そして、べたつく肌であってもやさしく保湿をすることが大切です。保湿することで肌がやわらかくなり、肌トラブルを軽減することが出来ます。

優しいスキンケア

スナック菓子はNG!タンパク質を摂って心とお肌を整えよう

生理前のイライラで、チョコレートやポテトチップスなどのお菓子が無性に食べたくなってしまう、という人も多いでしょう。ジャンクフードなどの脂質や加工された砂糖は、生理前の心身の不調にとってあまりよくありません。ドカ食いなどの暴飲暴食は、女性ホルモンを乱れさせる原因となり、肌荒れを悪化させる原因となります。

おすすめの食材は、マグロやツナ缶、バナナ、茎わかめ、緑黄色野菜です。良質なたんぱく質であるビタミンBや、カリウム、非ヘム鉄が、心身の不調を和らげてくれます。 

女性として、生理とはうまく付き合って行きたいもの。スキンケアと食べ物に気を遣って、ブルーデイをハッピーに乗り切りましょう!

上へもどる