顔の産毛を処理したほうがいい3つの理由

  • うる肌シェービングTOP
  • シェービングサロンを探す
  • メニュー
うる肌シェービングTOP> うる肌コラム > お顔そり > 剃らないとソン!顔の産毛を処理したほうがいい3つの理由

剃らないとソン!顔の産毛を処理したほうがいい3つの理由

2014.7.29
  • LINEで送る

気になる頬や鼻の下、口の周りに生える顔の産毛。“剃ると余計に濃くなる”との説がまことしやかに語られることもあり、躊躇している人もいるのでは?顔の産毛は、実は処理「したほうがいい」のです。

「産毛を剃ると濃くなる」は実はウソ

産毛を“剃ると余計に濃くなる”というのは大きな間違い。そもそも産毛にかぎらず、毛髪は毛先が細くしゅっと伸びる性質があります。ところがカミソリ等で処理をすると、断面が平たくなり、その状態でまた毛髪が成長をすることから、濃くなったように錯覚しているのです。

産毛を処理しても濃くなったり増えたりすることはありませんので、ご安心を。自己処理のカミソリで毛が太くなったと見える理由

【関連記事】
カミソリで毛を剃ると太く見えるメカニズム

理由1.顔の産毛を放置すると、顔色がくすんで見える

では、顔の産毛をそのまま放置するとどんなデメリットがあるのでしょうか?

まず、第一に日本人の産毛は毛髪と同じく黒い色をしています。肌を一生懸命に美白をしていても、黒い毛が生えていると見た目も悪く、それだけで顔色もくすんでみえてしまいます。

また、顔色をくすませている原因として、古い角質層が表面に溜まっていることも挙げられます。シェービングをすれば、古い角質も一緒に除去できるので顔色がワントーン明るく仕上がりますよ。
剃らないとソン!顔の産毛を処理したほうがいい3つの理由

理由2.産毛が美容液の浸透をさまたげている

毎日使っている化粧水や乳液、美容液といったスキンケアコスメ。顔に生えている産毛が、実はお肌への浸透を邪魔しているのです。また、シェービングで古い角質が取り除かれれば、さらに浸透力も高まってくれるので、より健やかな肌へ整えることができます。

理由3.フサフサ産毛は、化粧のりを悪くしている原因

メイクをするとき、実はみなさんは産毛の上からファンデーションや下地を塗っています。顔に生えている毛が邪魔して、ぴったりお肌にくっついていないことが多いのです。ファンデの浮きや化粧崩れは、これが原因で起こることも。産毛を定期的に剃ることで、メイクの仕上がりが美しくなります。
【関連記事】
顔そりエステを受けたら、ファンデーションの厚塗りが不要になった話

顔の産毛はどう処理する?セルフ派vsサロン派

では実際、顔の産毛はどのようにして処理したらいいのでしょうか。方法は大きく分けて3つあります。

  • (1)自分で剃る
  • (2)サロンで脱毛する                   
    (3)理容室やシェービングサロンで顔そりする                 

 自分で剃ることのメリットは、安価なこと。またいつでも気になった時にシェービング出来ます。しかし、間違った方法で行うと肌を傷つけてしまう原因に。眉毛の形などを整えるのが難しく、リスクは高いです。

脱毛のメリットは、気になるムダ毛がすべて抜け、ずっとつるつるの肌が続くこと。デメリットは、自分で剃るよりもお金がかかること。また、顔の産毛は効果が出るのが遅く、脱毛し終わるのに時間がかかるため、何年単位でサロンに通わなければなりません。デリケートな部分であるため、脱毛の機械で肌荒れを起こしてしまった例も中にはあります。

理容室やシェービングサロンには、理容免許を持ったシェービングのプロがいます。肌を傷つけるリスクが少なく、安全に1回でつるつる肌が手に入ります。女性専用のシェービングサロンでは、エステのように気持ちの良い空間で、プロの手でシェービングを行ってもらえます。自分で剃るよりも効果が長持ちし、スキンケア効果も高いです。気になるお肌の悩みもプロに相談できます。  ただし、お顔そりの相場は1回5,000円ほどと、セルフケアよりお金がかかります。

実際に自分で顔の産毛を剃ってみた

お顔そり効果が気になった女子大生ライターのあかねが、正しい顔の産毛の剃り方を参考に、実際に顔の産毛を剃ってみました。

顔の産毛そり

ドラッグストアでI字型のカミソリを購入。電動シェーバーで眉毛と鼻下は処理していましたが、顔全体を剃るのは今回が初めてでした。一度顔を剃ってみると、剃れた産毛の量にびっくり。「こんなに自分の顔には黒い毛が生えていたのか…!」と衝撃でした。

剃った後すぐ鏡を見ると、肌が明るくなっているのが分かります。その夜、しっかり美容液を浸透させてから寝ると、翌日の肌はもっちりに!化粧ノリも全然違いました。

小鼻や眉間は、でこぼこしていて難しい

自分でやるときに特に難しいと思ったパーツは、小鼻や眉間、鼻筋などのでこぼこした部分。何回やってもうまく出来ている気がしませんが、小鼻を剃る時は反対側に鼻を倒して皮膚を引っ張りながら行っています。

また、しっかりクリームや乳液などをつけて剃らないと、刺激が強いかなと思います。キレイになれるので本当は毎週やりたいくらいなんですが、頻繁に剃りすぎてしまうのも、逆効果なので月に一回やる程度にとどめています。

やっている人はやっている!約5割の女性がプロのシェービングを経験

うる肌シェービングが20代から60代までの女性300名にアンケートをした結果、なんと44%の人がお店で顔のシェービングを受けたことがあるという結果に。美意識の高い女性たちは、すでにプロのシェービングを体感していたのです。

約5割の女性がお店で顔のシェービングを受けたことがある

さらに、お店で顔そりを受けたことがある女性の8割が、シェービングの効果を実感してるとのこと。 セルフでの顔そりでもいいことがいっぱいありますが、プロのシェービングはもっと効果が高く、しかもそれが長持ちします。

結婚式のお呼ばれや久しぶりの同窓会、華やかなドレスを着る大事な機会があれば、プロのシェービングできれいになるのも良いかもしれませんね。

参考

大西恵子(2013)『60万人が実感した!!素肌からキレイになる「お顔剃り」のすすめ』現代書林

  • LINEで送る
上へもどる

迷ったらココ!人気のシェービングサロン>>

迷ったらココ!人気のシェービングサロン