プロのお顔そりと自分でやるお顔そりの違い

  • うる肌シェービングTOP
  • シェービングサロンを探す
  • メニュー
うる肌シェービングTOP> うる肌コラム > シェービング初心者 > 自分で剃るのと何が違うの?プロのシェービングとセルフを比べてみた

自分で剃るのと何が違うの?プロのシェービングとセルフを比べてみた

2014.12.5
  • LINEで送る

美容ライターのななです。2ヶ月前にプロのシェービング&エステを受けてきたレポートをお届けしました。理容室やシェービングサロンで行うプロのシェービングと、自分でやるセルフシェービングを比べ、その違いと上手な活用方法をお伝えします。

 

【手軽さ比較】最低限のムダ毛ケアはお金の掛からないセルフで充分

セルフシェービングをするメリットはいつでも行える手軽さ。たとえばお風呂上りに鏡を見て、産毛が気になった場合なんかは、すぐに自分で処理できます。また、生理中や睡眠不足が続いて肌が敏感になっている時を避けて、肌の調子を見ながら好きなタイミングでシェービングできるのもセルフのメリット。肌が敏感になっているときにシェービングを行うと、剃った後に肌の乾燥や痒みを起こしてしまいかねません。予測不可能な体調や肌のコンディションの変化に合わせて、シェービングサロンを予約するのはなかなか難しいですよね。また、女性にとっては一生繰り返し行う必要のあるシェービングですから、毎回プロに任せていては費用がかさんでしまいます。気になる産毛をすぐに処理したい場合や、身だしなみを整える最低限のケアは、肌の調子の良いときを見極めて行う、セルフシェービングで充分でしょう。 

  • コストが掛からず、体調や肌状態に合わせ好きなタイミングでできるので普段のムダ毛ケアはセルフで充分!

自分で行う顔そり

 

【安全性・衛生面比較】セルフシェービングは肌を痛めるリスクあり

セルフシェービングは、早く終わらせたいという気持ちから手に力が入り、肌を傷つけやすいので気をつけて。私も眉毛の上を派手に切って傷を作ってしまったことがあります。切り傷はコンシーラーやファンデーションでごまかせますが、精神的なダメージが大きいので本当に注意が必要。一方、理容師資格(または医師免許)を持った人のみが行うことのできるプロのシェービングは、肌を傷つけることなくキレイに仕上げてもらえます。また、セルフの場合、カミソリを使う回数にも注意して。古くなったカミソリは刃がもろくなり、切れ味も悪くなるので、強く刃を肌てないと上手く剃れなくなるため、肌に負担を掛けてしまいます。また、清潔にしていても雑菌がつきやすく、剃ったあとにカミソリ負けなどの炎症が起きる原因に。剃刀は使い捨てのものを使い、毎回新しいものを使用するのが理想的です。この点、プロのシェービングでは一回剃るごとに、剃刀を新しく変えたり、使うたびに消毒・殺菌を行っているので衛生面でも信頼できます。

  • セルフシェービングは安全性・衛生面でのリスクがやや大きい。イベント事の前には控えるのがベター。

 

【持続性比較】プロに任せればつるつる状態長持ち!顔がスッキリ、明るく

自分でシェービングを行う場合、カミソリの扱い方が難しく、毛が根元で剃り残してしまうことがあります。このため、シェービングの後に鏡を見るとまだ短い産毛が残っていたり、何日かしてすぐ産毛が気になるようになるということも少なくありません。
この点、プロのシェービングでは、肌を軽く引っ張って、産毛を根元から剃ってもらえるので、ケア後も毛のない状態が長持ちします。ちなみにプロのシェービングでは顎、耳たぶ、もみあげ、小鼻など自分ではケアしない細かい部位までしっかりとシェービングしてくれるのが嬉しいところ。私が体験したときも「え?そんなところまで剃るの?」と思いましたが、シェービング後に鏡を見て納得!肌を覆っていた産毛がなくなり、輪郭のラインも心なしかスッキリとして、顔全体がぱっと明るくなっていました。

  • スペシャルケアは、顔の隅々まで剃ってくれて保ちもよいプロのシェービングがおすすめ。

 

 

【満足感比較】プロのシェービングはエステさながらの贅沢ケアが受けられる

 

デパートコスメよりもお得!プロの顔そりエステを体験してみた

プロのシェービングは、自宅ではできない贅沢エステつき

セルフシェービングの手軽さとは反対に、プロのシェービングはまるでエステのよう。使う道具も、仕上げまでのスキンケアの工程も、自分でやるのとは全く違います。私の時は、ベッドに横たわるとスチームの機械がつけられ、マッサージから始まりました。剃る前に産毛を柔らかくするために肌にあてるスチームはじんわりと温かく「エステに来てる~♪」と、気持ちが盛り上がって楽しいですし、プロ専用のカミソリで剃られているときには、羽で顔を撫でられているような心地よさに、思わず眠りを誘われてしまいます。そして、シェービング後には、ジェルのパックを分厚く顔に乗せてくれました。自分でやる時にはケチりがちな化粧水や保湿ケアも、サロンではこれでもか!というくらいしっかり保湿やスキンケアをしてくれるのが嬉しいですね。私が行ったシェービングサロンでは、エステサロンが使っているのと同じコスメを使用していました。プロのシェービングは、使う道具も、仕上げまでの工程も全く違う充実感。エステ感覚で通うのに向いてます。

  • プロが使うお顔そり専用のカミソリ・コスメはハイクオリティ!エステ感覚で満足感あり!

 

プロのお手入れで、自宅ケアのやる気アップ! 併用してうまく組み合わせるべし

まとめると、「急いで産毛を剃りたい日常ケアにはセルフシェービング、特別なイベント前にはプロのシェービング」と、両方のシェービングを上手に取り入れていくのが現実的だと思います。特に、プロのシェービングは、自分の美容のモチベーションを上げるのにぴったり。
「なんだか最近スキンケアをさぼってしまいがち…」「スキンケアの効果がなかなかでなくて、お手入れのやる気が下がり気味」といった時にプロの手を借りると、スランプを突き抜けられます。実は、私自身、このとき「スキンケアがマンネリに…→メイクの気合いも入らない→結果、女子力がダウン…」というスランプに陥っていました。そんな時に取材でプロのお顔そりをしてもらって、負のサイクルから開放され、美容へのモチベーションがめちゃくちゃアップしたんです。サロンによると、お肌への効果を考えて、1~2ヶ月に1度はサロンでお手入れしてもらうのがおすすめだそう。男子との接近戦が待っているかも!?な冬のイベント前には、プロのシェービングであれセルフシェービングであれ、きちんとケアして行きたいですね♪

  • 普段はセルフで、ここぞ!というときにはプロに任せるなど、両方組み合わせて活用すべし
  • LINEで送る
上へもどる

迷ったらココ!人気のシェービングサロン>>

迷ったらココ!人気のシェービングサロン