美白になるためのスキンケアの基本

  • うる肌シェービングTOP
  • シェービングサロンを探す
  • メニュー
うる肌シェービングTOP> うる肌コラム > お顔そり > 安い化粧品でもOK!?美白を目指す人のためのスキンケアの基本

安い化粧品でもOK!?美白を目指す人のためのスキンケアの基本

2015.11.4
  • LINEで送る

透き通るような、思わず触りたくなるような美しい白い肌、あこがれている女性の方、たくさんいらっしゃいますよね。誰もがあこがれる美しく白い肌を手に入れるために心がけるべき習慣を紹介します!

美白は毎日の基本的なスキンケアを見直すことから始めよう

「美白」と考えると、某高級薬用美白コスメやサプリメントなど、毎日のケアにプラスして何かをするというイメージがありますが、ちょっと待ってください。いくら高い化粧品を揃えたとしても、つけかたが間違っていれば、効果は期待できません。美白を目指すなら、まず毎日の基本的なスキンケアを見直すのが一番!リーズナブルな化粧品でも毎日のケアをなまけず丁寧に行うだけで、肌が元気になり、くすみや日焼けをため込まない元気な肌のベースが出来上がるのです。

化粧水でお肌の準備運動をしましょう!

化粧水は肌に水分を与え、肌表面を柔らかくするはたらきがあります。そのため、しっかりと化粧水を浸透させることで、その後に使う乳液やクリームの効果を高めることが出来るのです。化粧水は洗顔の直後、出来るだけ早いタイミングで使って下さい。肌は洗った後が最も乾燥しやすい状態になります。化粧水を素早く肌に浸透させることで肌の乾燥を防ぎましょう。

化粧水でお肌の準備運動をしましょう!

 

化粧水のつけかた
コットンを使う方もいると思いますが、手で直接つけることをオススメします。コットンで化粧水をなじませると摩擦が生じ、肌がこすれてしまいます。手でお肌になじませることで、手のひらの温かさから、化粧水がよりお肌に浸透しやすくなります。化粧水を手のひらに少量ずつとり、お顔全体を優しく包み込むようにつけましょう。

なお、美白化粧水を使うとより美白効果は期待できます。ただし、美白成分がしっかりと含まれているもの中には、お肌を乾燥させてしまうものが数多くあります。そのため、美白成分配合の化粧水を選ぶ時は、「さっぱりタイプ」ではなく「しっとりタイプ」を選ぶようにしましょう。

週に1度、化粧水の後にパックをしてお肌にご褒美を

毎日贅沢に、シートマスクでお顔をパックしている方はいませんか?もったいないですよ!シートマスクは美肌成分をシートで覆うことで、肌により速く効率的に水分や油分を閉じ込め、浸透させるはたらきがあります。1回のパックでしっかりと肌に成分が浸透するため、1週間ほど効果は持続します。お使いのシートマスクのパッケージに記載されている「使用目安」を参考にしましょう。週に1度、化粧水の後にパックをしてお肌にご褒美を

パックの使いかた
パックをするタイミングは化粧水の後、乳液やクリームの前です。化粧水で肌を整えてからパックをすることで美肌成分の浸透力を高めます。そしてパックの後に乳液、クリームを使うことで美肌成分をしっかりと閉じ込めましょう。

なお、パックの時間も。マスクのパッケージに記載されている「使用目安」を守りましょう。効果を高めようと長くパックをしてしまう方もいますが、シートが乾燥してしまうとお肌の水分を奪ってしまうので逆効果。正しく使用して美肌を育ててくださいね。

乳液の油分で肌の水分の蒸発を防ぎましょう

化粧水で肌のベースを整えたら、続いて乳液。化粧水をしただけで肌を放って多くと、せっかくつけた化粧水、そして肌の水分は蒸発してしまいます。成分の中心は油分です。化粧水を油分で閉じ込め、肌から水分が蒸発するのを防ぐ働きがあります。

乳液のつけかた
オールシーズン、化粧水の後にお顔全体にお使いください。のばす時は強くこすらないように気をつけ、マッサージをしながらのばすとむくみの防止、リフトアップ効果が期待できます!

乳液も化粧水と同様に美白成分が含まれているものに関しては「しっとりタイプ」の乳液を選びましょう。

乾燥が特に気になる部分にのみクリームを

クリームは乳液よりこってりとしていて油分が多いのでお顔全体に塗るのではなく、乾燥が特に気になる部分に使いましょう。ニベアなどの安価なものでも、充分に保湿効果があります!

乾燥が特に気になる部分にのみクリームを

 

クリームのつけかた
オールシーズン、目の周りや口の周りに乳液の上から重ねましょう。目の周りや口の周りは皮膚が薄く乾燥しやすいです。クリームを使うことでしっかりと保湿し、乾燥を防ぎましょう。油分で蓋をすることで肌にハリができ、シワを防ぐことが出来ます。
また、秋、冬シーズンに関しては目の周りや口の周りだけでなく、乾燥が気になる部分にも薄くつけてあげましょう。お肌につける際は、クリームを指に少しずつとり、優しくマッサージをしながらつけましょう。とくに、目の周りはあまり力を入れないよう気をつけて下さい。ご自身で「気持ち良い」くらいの力加減でマッサージするとクマを防止し目元をすっきりさせることができますよ。

美白成分の入ったクリームに関しては、シミやニキビ跡など気になる部分にのみつけてください。
乳液とクリームの量に迷ったら、翌朝の肌状態で判断して。翌朝、肌がしっとりとして、なおかつべたついていない状態がベストです。

夏だけじゃない!日焼け止めは1年中使いましょう

「曇りだから日焼けしないかな?」「今日は外出しないから紫外線は浴びないはず。」「冬は日焼けしないよね。」そんな気の緩みありませんか?日焼け止めを使う必要があるのは、夏の暑い日だけではないのです。【光老化を防げ!「日焼け止めは一年中」が新常識】にもあるように、気温が高くない冬の間も紫外線は肌に降り注いでいます。また、曇りの日は快晴の日の60%、雨の日でも30%の紫外線量があります。家の中にいても紫外線は窓ガラスを通して入ってきます。つまり、気温や天候、外出の有無に関係なく、1年中紫外線対策をする必要があるのです!

そんな美白のための必須アイテム、「日焼け止め」を塗る際に、気をつけたいポイントがあります。

「日焼け止め」を塗る際に、気をつけたいポイント
1.肌にムラなくのばす
ムラがあると肌を守る効果は薄れてしまいます。少量ずつムラなくのばしましょう。

2.擦らない
擦ったり、強く肌にすり込んでしまうと肌にダメージを与えてしまいます。優しく丁寧にのばしましょう。

3.しっかり落とす。
塗る時だけでなく、落とす時も重要です。ウォータープルーフの日焼け止めをお使いの方は必ずクレンジングを使いしっかりと落としてください。日焼け止めの液が肌に残ったままになってしまうとニキビ肌や、くすみの原因になります。

日焼け止めを1年中「しっかり塗ってしっかり落とす」を徹底することで、紫外線をブロックしましょう!

 

美しい肌は1日のケアで手に入れることはできません。まずは、日焼け止めを使ってしっかりと紫外線を防ぐ必要があります。そして化粧水や乳液、クリームを毎日丁寧に使うことでお肌の1日の調子を整える習慣を身につけましょう。

美白は1日にして成らず。辛抱強く頑張って!

  • LINEで送る
上へもどる

迷ったらココ!人気のシェービングサロン>>

迷ったらココ!人気のシェービングサロン