聞く耳セミナーの様子・フローシェービングとは2016.11.21

うる肌シェービング> うる肌コラム > シェービングサロン > 衝撃のフローシェービング!「聞く耳セミナー」レポート(2016.11.21)

衝撃のフローシェービング!「聞く耳セミナー」レポート(2016.11.21)

2016.11.28
  • LINEで送る

2016年11月21日(月)に、神奈川県 関内にて、総合理美容商社ケンズインターナショナル主催の「聞く耳セミナー」が開催され、9名の参加者が集まりました。フローシェービング、集客チラシ、レディースシェービングの本音の3本立てでした。第三部では、うる肌シェービング編集長 さくらが登壇しました。

もっとお肌に優しく安全なお顔そりを提供したいと願う理容師のための「聞く耳セミナー」

  • ◇日 時:2016年11月21日(月) 10:00~17:00
  • ◇会 場:KBK講習室 (神奈川美容組合オフィス 講習室)(神奈川県横浜市中区弥生町2丁目15-1 ストークタワー大通り公園3 2階)
  • ◇アクセス:JR「関内駅」から徒歩15分/市営地下鉄「伊勢佐木長者町駅」から徒歩5分
  • ◇参加費:お一人様 3,000円(税込)

38248_os 59471_os

講師紹介

第一部:フローシェービングインストラクター
石井 洋子(いしい ひろこ)

フローシェービングインストラクター。勤務先の「理容コーゴ(千葉県香取郡)」にて、代表の向後一郎さんと一緒にフローシェービングを開発。お店ではレディースシェービングとメンズ全般を担当。実は、顔そりで毛とお肌をきれいにするのに爽快感を感じている”お顔そりマニア”でもある。
中央理美容専門学校ではフローシェービングの科目があり、向後さんが理論&解説の講師を、石井さんが実技講師を務める。1980年生まれ、小学生男子の母。趣味はトランペットを吹くこと。

 

p1180333第二部:ヘアサロン集客広告会 代表
村上 徹(むらかみ とおる)

シェービングサロンや理容室・美容室の「似顔絵つき手書き集客チラシ」の制作代行を本業として行う。著書に『楽しく売ろう!サロン!店販品!』(理美容教育出版、2008)、『新規集客の悩みから解放される本』(ヘアサロン集客広告会)。1980年生まれ、新潟を拠点に活動。一姫二太郎の父。趣味は子供たちの成長マンガを描くこと。

 


第三部:株式会社アイ・ビー・アイ うる肌シェービング編集長 
寺岡 桜(てらおか さくら)

1989年、北海道生まれ。レディースシェービング専門予約サイト「うる肌シェービング」のサイト運営を担当。女性理容師への取材、理容師向けセミナーイベントの取材や、女性向けの美容・ムダ毛・シェービングに関する情報発信を行う。個人的に毎月顔そり体験をし続けており、日本剃刀・ゾリンゲン・替刃・クリエステボーテのお顔そりエステなど、20人以上の理容師の顔そりを経験。

会場アクセス

KBK講習室(神奈川美容組合オフィス 講習室)にて行いました。

住所:神奈川県横浜市中区弥生町2丁目15-1 ストークタワー大通り公園3 202号

アクセス:JR「関内駅」から徒歩15分/市営地下鉄「伊勢佐木長者町」駅から徒歩5分

会場への地図はこちら

KBK講習室へのアクセス

タイムスケジュール

10:00 主催者 挨拶(坂下文夫)
10:20 第一部「フローシェービング実践講習」
13:00 お昼休憩
13:45 第二部「半年で新規客100名増!お顔そりでファン集め」
15:45 休憩
15:55 第三部「レディースシェービングに対する”26歳女子のリアルボイス”」
16:50 おわりの挨拶「2017年に向けての理容・美容業界について」
17:00 終了

p1180328

レポート 第一部:フローシェービング実践講習

理美容師向けに定期的に開催している「聞く耳セミナー」。今回はお顔そりがテーマということで、9名の男性・女性理容師が集まりました。東京・神奈川以外にも、遠くは静岡や茨城から来た方も。参加者同士、もともと知り合いの方も多く、なごやかな雰囲気でセミナーが開始しました。

Jポリッシュを使い、替刃の刃先をなめらかにする方法を実演

Jポリッシュを使い、替刃の刃先をなめらかにする方法を実演

 

第一部は「フローシェービング」について。フローシェービング開発者の一人である石井洋子さんが、フローシェービングができたきっかけや、フローシェービングの仕組みをレクチャー。その後、道具の手入れ実演と、男性の顔そりと女性の顔そりの実演を行いました。

男性のフローシェービングのデモンストレーション。第二部講師の村上さんがモデルに。

男性のフローシェービングのデモンストレーション。第二部講師の村上さんがモデルに。

右半分をポリッシュしたフローシェービング、左半分をポリッシュしないフローシェービングで剃る

右半分をポリッシュしたフローシェービング、左半分をポリッシュしないフローシェービングで剃る

p1180201

フローシェービングの肌の仕上がりの違いをさわって確かめる参加者

p1180313

続いて、レディースのフローシェービング。編集長さくらがモデルに

p1180305

石井さんのお店では、いつもまぶたのキワやメガネの鼻パッドの部分まで剃る。お客さんに喜ばれるポイントだそう。

先生のフローシェービングは、肌負担が少ないので、刃先で鼻の入り口の毛までシェービングできる

肌負担が少ないので、刃先で鼻の入り口の毛までシェービングできる

p1180312

「自分ではできないところこそ、理容師がやるべきパーツ」と石井さん。小鼻のキワまでしっかり剃る

顔そり嫌いな理容師が開発した、お肌に優しい「フローシェービング」

フローシェービングとは、扱いが簡単な替刃を使いながらも、本レザーのような”肌負担の少ないシェービングの実現”を目指して開発されたシェービング方法です。

フローシェービングの開発者である理容コーゴの代表 向後さんは、「理容師であるにもかかわらず、どうしても顔そりが嫌いだった」とのこと。そこで、肌に負担がかからず、ヒリつかず、火照らず、剃った後に肌感覚が敏感にならないような”顔そり方法”を、当時 入社したての女性理容師である石井さんと一緒に追究。道具の材質や研磨剤の量、研ぎ方の回数まで実験を繰り返し、編み出した方法を「フローシェービング」と名付けました。開発には10年以上かかったそうです。

フローシェービング

 

石井さんいわく、フローシェービングは、「肌が痛まないので、鎮静が要らないシェービング」「自分の顔を自分でやって気持ちいいと思えるシェービング」「角質をきれいにとりのぞくシェービング」「添え手のいらないシェービング」という特徴があるとのこと。

フローシェービング用の道具は2つ。可動式の金属バーがついた替刃カミソリ「フローレザー」と、替刃の刃先をなめらかする「Jポリッシュ」です。

p1180194

手前がフローレザー。肌への衝撃を和らげるための「可動バー」がついているのが特徴。

石井さんのフローシェービングを受けたブライダルシェービング客は、リピートする

石井さんの理容室コーゴのフローシェービングの場合、カミソリの運行と化粧品の商材は、男女ともに同じものを使用しています。また、レディースシェービング用のオプションエステメニューなどは全く無く、シェービング一本で勝負しているとのこと。そんな理容室コーゴには、シェービングのみの常連客がたくさんついているそうです。

業界でよく「ブライダルのお客さんはリピートしない」という通説がありますが、理容室コーゴの場合は「車で30分以内の方であれば、ほとんど再来店してくださいます」とのこと。「お客さんが一番正直ですよね」と石井さんは話します。

フローシェービングを受けたモデルの感想

◆男性モデル(村上さん・チラシ屋さん)の感想

【剃刀の感触について】剃られてる感覚が全然無い!ジョリジョリって音が無いと、わからないくらい。冷たい綿棒でなでられているくらいの感触。いやぁーびっくり!

 

【ヒリヒリについて】普段受けている(替刃での)シェービングは、よく痛かゆくてヒリヒリして、血が出てティッシュを貼られたりする。でも、今回のフローレザー&ポリッシュだとヒリヒリすらしなかった。

 

【ポリッシュあり/なしの違いについて】可動バーあり&ポリッシュなしで剃られた方の肌は、若干熱をもってる感じがする。可動バーあり&ポリッシュありは全く荒れた感じがしない」

p1180192

フローシェービング用に髭を短くトリミングしてもらっている村上さん(写真右)

 

◆女性モデル(さくら・うる肌編集長)の感想

【顔そり後の肌の経過について】いつもの顔そりの”角質がとられる感じ”があんまり無かった。数日経過を見ると、顔そり後の敏感になってゾワゾワする感じがあまりせず、しかも1日で敏感さが終わった。いつも、生理前の顔そりだけは肌荒れが起こってしまうんだけど、今回は起きなかった。生理前に剃られて荒れなかったのは、ゾリンゲンの本レザーのお顔そりと、今回の2回だけ。


【刃の感触について】刃のあたってる感じは、以前受けた”日本剃刀のお顔そり”とか、”ゾリンゲンの本レザーのお顔そり”と同じくらいの感覚。ヒヤっとしなくて、やわらかくて、軽い感じ。

 

【石井さんの施術について】石井さんのクレンジングの手つきと刃の運び方が気持ち良くて、”これは寝てしまうな”と思った。泡の温度を確認したり、メガネの鼻パッドの部分の汚れを取ってくれたり、お客さんの呼吸にあわせながらのタオルワークとか、帰宅後の肌の配慮とか、他ではやってもらえないような気遣いに感動した。

p1180327

フローシェービング体験後のさくら(写真右)と、インストラクターの石井さん(写真左)

 

第一部の参加者の感想

(東京都・女性理容師)「いつも何がいいのかわからないまま購入して、そのままをそれを使いこなせてないままの状態です。今回の講習では、本当に”良いもの”なんだと自分で体感できました。実際に使ってみたいです。ありがとうございました^^」

 

(静岡県・女性理容師)「こんな技術があるんだと…ビックリ!フローシェービングができるようになりたいと思いました。自分に自信をつけたいです。」

 

(茨城県・男性理容師)「いきなり逆剃りできちゃうなんて信じられない!衝撃的なシェービングでした。一枚刃の可能性を感じました。(講師の)石井さんは『産毛のゾゾゾゾって感覚が気持ち悪い』と言っていたけど、そんなに手の感覚が磨かれている理容師は、初めて見た。自分でも買って使ってみようと思う。」

 

(神奈川県・男性理容師)「フローレザーは昔買ったけど使っていませんでした。フローレザーの仕組みの説明がわかりやすかったです。支部でも(この講習を)やりたいですねぇ。」

 

(茨城県・女性理容師)「お顔そりが大好きな石井さんがすてきです。私ももっと好きになろうと思いました。ポリッシュの話は、聞きたかったので聞けて良かったです!奥の深さを感じました。」

 

第二部:半年で新規客100名増!お顔そりでファン集め

お昼休憩後、第二部の開始です。「半年で新規客100名増!お顔そりでファン集め」と題して、ヘアサロン・シェービングサロンの集客チラシ作成の専門家、村上氏のお話。「今日は、オーダーメイドチラシでやっている僕のすべてを教えます」とのこと。

p1180340

「みなさん、どこかで『新規客はめんどくさい』と思っていませんか?じゃあ、お店の雰囲気やコンセプトにマッチする新規客=”ファン”がピンポイントに集まれば、サロンもお客さんもお互いハッピーになりませんか?」と村上さん。p1180339

後半は、実際に作ったチラシの実例をみんなで一緒に見ながら、ファンだけを集めるための鉄則を紹介。「来てほしいお客さんの年代・悩み・性別を盛り込む」「お店の弱点を伝えて、その後に強みやこだわりを伝える」など、テクニックを伝授していました。

 

第二部の参加者の感想

(栃木県・女性理容師)「ワクワクした内容でした!グサッと来ました。」

 

(茨城県・男性理容師)「(情報発信で)もっともっと自分の個性など、「人」を出していかなくては、と思いました。もっと詳しく聞いてみたいです。」

 

(静岡県・女性理容師)「新規客の呪い…(笑)なるほど~なお話、楽しかったです。」

 

(茨城県・女性理容師)「(セミナーを受けて)ラブレターをつくってみようと思いました。」

 

第三部:シェービングサロンに対する26歳女子のリアルボイス

第三部は、うる肌シェービング編集長 寺岡桜が登壇。「シェービングサロンに対する”26歳女子のリアルボイス”」と題して、消費者ならではの声をズバっと紹介しました。

p1180379

「私がお顔そりをし続ける理由3つ」「お顔そりで肌が荒れた人がサロンに知らせない理由」「3回通ったサロンに行かなくなった理由」「お顔そりトラブルを減らす為の、工夫事例紹介」など、スライドを交えながらお話しました。

mokuji

リアルボイスセミナー スライドもくじ

 

中でも後半の「ネットで、女性お顔そりウェルカム感を感じる要素番付」は、今回、初めて発表したネタ。自身の理容店・女性シェービングサロン・エステサロンのHPやポータルサイト、ブログを2,000サロン以上を見た経験から、「新規客がネットを見た時に、どんな要素が書いてあると女性ウェルカム感を感じるのか」をまとめ、要素別にE~Sランクに順位づけしました。

たとえば
【Bランク】HP内に女性お顔そり紹介ページがある(女性が勇気を出せば予約できる)
【Aランク】施術部屋・ベットの写真が載っている(まあまあすんなり予約できる)
【Sランク】女性顔そり専用HPがある(美容室感覚で躊躇せず予約できる)
のような感じです(実際はもっと項目があります)。

p1180374

最後に、ネット上で女性ウェルカム感をうまく出している実例と、うる肌シェービングの上手な使い方をお伝えしました。

第三部の参加者の感想

(東京都・女性理容師)「本当にリアルボイスだったのが良かったです。早速、自店のスタッフに話します。ありがとうございました^^」

 

(神奈川県・男性理容師)「お客様目線の大切さを再認識しました。」

 

(栃木県・女性理容師)「受講して良かったです。お客様側の気持ちがわかりました。」

 

(茨城県・男性理容師)「貴重な話を聞けました。寺岡さんらしい、寺岡さんだからこその話、面白かったです。」

おまけ:懇親会

関内駅近くの、行きつけの(!?)魚のおいしい居酒屋さんで、参加者・講師・お客の常連さん含めて懇親会をしました。p1180383

91551_o

参加していただいた皆さま、どうもありがとうございました!

 

前回のセミナーの様子

以前開催した、関連セミナーのレポートです!

@札幌 うる肌単独講演
札幌理容組合うる肌セミナー「シェービングサロンに対する26歳女子のリアルボイス」開催レポート(2016.8.19)

@関内(神奈川)聞く耳セミナー レディースシェービング編
“顔そりで○○を切られてショックだった”「レディースシェービング勉強会」レポート(2016.1.25)

@武蔵中原(神奈川)聞く耳セミナー
サロンが幸せになれる集客のコツとは?「聞く耳セミナー」レポート(2015.11.10)

  • LINEで送る